★NEWS★CYBER★CAT★  
News・政治・法律・教育・あらゆる情報・・etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆教育改革の行方◆内申書(調査書)の不正を告発◆誰のための教育か!?◆

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という格言があるが、同じ過ちを繰り返す原因は、都合の
悪い事を都合よく忘れる人々の存在ではないだろうか。
2006年後半は公立・私学ともに全国的に世界史などの未履修・履修漏れが大々的に報
道され大騒ぎとなった。



必修漏れ問題、17道県で517人処分 朝日新聞社集計
2006年12月31日15時36分asahi.com

記事によれば、公立高校で必修科目の履修漏れが判明した35都道府県のうち、12月末までに17道県の教育委員会が関係者を処分したことが朝日新聞社の集計は下記のとおりだという。

北海道 103人 教育長(いじめ自殺問題と合わせ)、校長を戒告
岩手  43人 県教委は処分者38人全員のボーナスを10%減額。盛岡市教委は教育長を戒告。
宮城  11人 教育長を戒告)
秋田   9人 教育長、校長を戒告)
山形  19人 教育長を減給10分の1(1ヶ月)校長らを戒告。教育長は辞職)
新潟  25人 教育長、校長を戒告
富山  59人 教育長、校長らを戒告など。21人はボーナスを20%ないし15%減額)
山梨   8人 県教委の調査にうその報告をした校長を戒告)
静岡  45人 教育長を減給10分の1(1ヶ月)
愛知  38人 教育長らを戒告
滋賀  13人 教育長を戒告
兵庫   58人 教育長、校長を減給10分の1(1ヶ月)教諭27人に厳重注意
山口   6人 前校長を戒告
香川 10人 教育長、校長を戒告
愛媛  25人 教育長を戒告
佐賀   22人 教育長を減給10分の1(1ヶ月)、校長らを戒告などに
大分  23人 タウンミーティングやらせ問題と合わせ教育長を減給10分の1(1ヶ月)





2007年になって未履修・履修漏れはメディアから消えた?
ほとんどのメディアでは報道されていないが、今回の組織的な履修漏れは、単なる未履
修としての事件ではなく、結果的には進学のために教諭と校長が作成したであろう内申
書(調査書)の偽造、文書偽造という犯罪行為の責任追求はなんらなされなかった不公
正さをもって今後同じ不正が繰り返されないという確証は無い。







内申書偽造事件で元教諭2人を起訴 埼玉の県立高校
2005年01月15日07時02分asahi.com
 埼玉県西部の県立高校元教諭らが東京学芸大と明治大の推薦入試で、生徒3人の内申書を偽造したとして書類送検された事件でさいたま地検熊谷支部が、生徒3人の部活動顧問だった元保健体育科教諭(43)と元社会科教諭(43)=ともに懲戒免職=を有印公文書偽造、同行使の罪で起訴していたことが14日、分かった。

 明治大に出願した生徒の担任教諭(48)も同容疑で書類送検されていたが、偽造などにかかわっておらず関与の度合いが低いとして、起訴猶予となった。







■内申書(調査書)の不正を告発■誰のための受験か!?■
今回は、教育現場の不祥事を見て公開しようと決意されたというAさんの話を、通常、
生徒や保護者には未公開の内申書(調査報告書)なのだが、あえて必要な個所を公開する。
(尚、掲載している画像に関して個人が特定できる個所はモザイク処理を施した。)

これから、公表する事実には、一人の生徒の3通の調査書(内申書)が存在する。

*昭和52年2月日付け調査書(内申書)(受験のため高等学校へ提出された
書類)以下調査書1とする。
*昭和52年3月3日記付け調査書を以下調査書2naishinsyo2


*昭和52年3月5日記付け調査書を以下調査書3とする。
naishinsyo3


昭和52年東京都の某市立中学(M中学)での話である。
Aさんは神奈川県の市立中学から居住地引越しを理由に51年9月東京都M中学へ転入した。
引越しを手伝ったAさんの子供はギツクリ腰になり、M中学へ医師の判断で診断書を提
出の上、体育の授業は見学していた。
その為、体育の評価が5段階評価の1となったという。

中学3年生ともなれば受験の話、Aさんは子供の担任女性T教諭から、都立の新設校N
への推薦をしたいとの話があったが、Aさんの子供は中学1年生から続けていた微生物
の研究を高校・大学で続けたいという意思があったので、都立ではなく私立のT大学付
属高等学校を志望していた。

しかし、成績に1があると受験は無理だと教育関係者に聞かされたAさんは、T大学付
属高等学校責任者と面談し
(1)体育評価が1になった理由。
(2)英語検定4級を持っている事実。
(3)中学一年生から続けていた微生物の研究を高校大学と続けたいという本人の強い意
 思がある事実。
を話した上で、受験可能かどうか訊ねたところ、「事情は良く理解しましたので、高校
受験の際中学が提出する内申書(調査書)へ担任教諭に記載を必ずしてもらうようにとの説明を受けた。

Aさんは、早速その旨を担任のT教諭に話し、T教諭も「わかりました」と快く了承した。

Aさんの子供の面接の日が来た。
面接が終わるのを待っていたAさんは、直ぐに面接場から戻ってきた子供から面接官が
いきなり「リュウマチじゃないか嘘つくんじゃない」と声を荒げ怒り出し「さがっていい」と言われたまま後は、何も質問されなかったと聞かされたのだった。

Aさんの子供はリュウマチになった事など一度もない。Aさんは事態を飲み込めないま
ま、M中学へ電話で連絡し、担任のT教諭に対し、リュウマチとは何なのか?内申書へ
一体何を書いたのか問いただしたところ、T教諭は「分かりません、リュウマチって何
ですか?」の一点張りで、電話は切れたという。

しかし、当日、学校を欠席した子供の同級生から「何があったの?今日校長と担任が慌
てて外出し、クラスでは授業が自習になって校長も担任も下校時になっても学校へは戻
らなかった。」と知らせれた。

Aさんが私立T大学付属高校に架電したところ、確かにM中学から校長と担任が訂正文
の提出がありましたが、訂正される前に既に合否が決まってしまったので、是非来年受
験して欲しいという話であったという。

この話から、T大学付属高校へ提出されていた調査書(内申書)に、Aさん親子にとって
身に覚えの無い「リュウマチ」という病名のみが虚偽記載されていたため、虚偽記載と
知らない高校側がAさんの話しが嘘のだと思い高等学校側の面接官が激怒した事態が判明したのだった。

T教諭はその後、Aさん親子へ謝罪した。

その後、他高等学校受験のための調査書(内申書)を、AさんがM中学へ取りに行くと、
担任のT教諭に同席した校長は「今回は大丈夫です。ご迷惑おかけしました。」と
言い、封筒に入れ封をした調査書(内申書)をAさんへ手渡した。
そこでAさんは、校長先生のお言葉を信じますが、この場で調査書(内申書)の開封を申
し出た。
そして、校長が調査書(内申書)の入った封筒を開封すると、そこには調査書2(内申書)のように、特記事項に斜線まで引いて、記載すべき事実を記載していない調査書(内申書)が一通入っていたのだった。

現場に同席した校長は、T教諭作成の調査書2(内申書)を見るなり、昭和52年2月2
5日記付で校長自らが先の不祥事に対して「陳謝」という表題の詫び状をAさん渡した
後の度重なるT教諭の背信に校長の顔はみるみる青ざめ驚愕した。

Aさんは、先の調査書1(内申書)への「リュウマチ」という虚偽記載がT教諭の過失で
はなく、悪意で調査書(内申書)にした不正だと確信し、Aさんはその場で「公正さや責
任感など評価する資格がありますか?」と校長と担任へ問い、で抗議したという。

そして、2日後、調査書3(内申書)昭和52年3月5日記付け特記事項に事実が記載さ
れた。

その際「行動および性格の記録」をオールAとする呆れた内容の内申書(調査書)が作成
されるに至ったという。

志望校をT大学付属高等学校一校しか受験していなかったAさん子供は、その後都立高
校の二次募集を受験し合格したという。

人間誤りがあるとしても一度までだ、二度も三度も同じ誤りをする事は悪意を証明する
に過ぎない。

結論から通信簿と同じ内容だというのならば内申書(調査書)を生徒や保護者へ何故開示しないのだろうか。
開示しない正当な理由はあるのだろうか。
密室は不正の温床でしかない。

内申書(調査書)内で生徒の行動および性格の記録として、今後極めて主観的な愛国心を評価項目とする危険性と、偏頗な評価、恣意的評価が生徒の進路に与える悪影響。

教え子を良い学校へ入学させたいと思い、不正だと知りながら内申書にゲタを履かせる
教諭がいる。
そして、Aさんのように担任が推薦した高校を断った、だから内申書(調査書)へ、記載
すべき特記事項を記載せず、悪意の虚偽記載をし進学妨害をした事実。
そして、書類の不正は、高校側面接官の言葉によって露呈した事実からすれば、内申書
(調査書)への不正は本来誰にも露呈することない理不尽さ。

「内申書」=「調査書」→「学力に関する部分」と「個人の性格や行動の記録」で構成され
ている。
受験生が、(中学・高校)生徒の時どんな状況だったかを(高校・大学など)へ伝えて、学校がその生徒を合格させるかどうか判断材料にする資料。

例えば、教育基本法改正の後の内申書(調査書)の項目に「愛国心」「郷土愛」「伝統を
愛する心(伝統を大切にする心)」といった個人の内心にかかわる項目も作られるの
ではないだろうか。
その時、何を基準に、誰が公正に「人の心」に評価出来るというのだろうか。
「人の心」に人が、評価など出来ないのが現実だ。

現実的に、担任の裁量で如何様にでもなる内申書(調査書)。
教育改革として、保護者や生徒が教諭に点数を付けるというが、結果的に内申書(調査書)を作成するのは担任の教諭だとする現実から、教諭に悪い点数を付けた報復として、生徒の進学時に提出する内申書(調査書)へ不正(虚偽記載や、書くべき事項を悪意で記載しないなど)をしない確証もなければ、内申書(調査書)が保護者や生徒へ開示されない事をよしとして、内申書への不正で不合格になったとしても不正が露呈することもなければ、被害が治癒する場もないのが現実だ。

たった一通の書類に対する不正で、人の人生が変わるという現実から、内申書(調査書)が親展である必要性の是非(親展であるべき必要性は認められない)、内申書のあり方、しいては、生徒へも保護者へも開示しない内申書(調査書)そのものが本当に受験に必要なのかどうかを、もう一度検討すべき時期が来たのではないだろうか。




追記
内申書(調査書)の不正を告発エントリーに関して
引用・転載ご希望の方は、事前にメールにて許可を得るためご連絡下さい。
また、告発者は取材を受けることが可能ということなので、メールにてお問い合わせ下さい。
よろしくお願いいたします。

NEWS CYBER CAT ニュース 告発 教育 教育改革 文科省 履修漏れ 未履修 内心 受験 愛国心 郷土愛 伝統 内申書 調査書 野党共闘


スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

プロフィール

CYBER CAT

Author:CYBER CAT
★NEWS★CYBER★CATへようこそ!

「ある人物を評価するに際して最も簡単で確実な方法は、
その人物がどのような人々とつきあっているかを見ることである。
なぜなら親しくつきあっている人々に影響されないですむ人など、ほとんど皆無といってよいからである。」by Machiavelli


Powered by SHINOBI.JP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。