★NEWS★CYBER★CAT★  
News・政治・法律・教育・あらゆる情報・・etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆病める教育改革◆児童虐待◆子供を厳しく飼いならそうとする非情な親たち

●官邸サイトにある 「子どもへの方策」と題する教育改革の謳い文
句には「子どもを厳しく"飼い馴らす"必要があることを国民にアピ
ールして覚悟してもらう」
などという家畜の調教のように子供を飼
いならす事を推奨しているとも受けとれる非常識な記載がある。

そして、早くもその書き込みの悪影響か?厳しく飼いならす=躾と
称して子供を虐待する親
のNEWSが頻繁に報道され、心が痛む。

心理学によれば子供のころ虐待を受けた子供は、恋愛や結婚の対象
に無意識で、暴力的な相手を選んでしまったり、自らが親になった
時に同じように子供を虐待する可能性が高いと聞く。

不幸中の幸いにして虐待死させられなかったとしても、心の傷が癒
えるには長い時間と専門家によるカウンセリングが必要となるであ
ろう。

親は子供を選べないように子供も親を選べない。
親ばかは微笑ましいが、バカな親は度し難い。


虐待を受けて保護された子供たちは、
せめて、これからの人生は虐待の被害を忘れ、虐待する大人のいな
い環境で、自由にのびのびと育って欲しい。


「子どもを厳しく"飼い馴らす"必要があることを国民にアピー
ルして覚悟してもらう」
などと言う不適切な表現は、児童虐待を助
長する。

文科省は差出人不明の自殺予告手紙をメディアで大々的に公開して、自
殺の連鎖を起こさせた・・・・

そして、今度は児童虐待でも増やす気なのだろうか?




脚立に正座、手足に鈴 鳴った分暴行 大阪・中2虐待
2006年11月27日06時34分asahi.com

大阪府能勢町で中学2年の長男(14)が母親らに虐待を受けてい
たとされる事件で、母親の北寿々代容疑者(39)=傷害容疑で逮
捕=が脚立の上に正座させた長男に鈴を付けて、体が動いた際に音
が鳴った回数を記録し、内縁の夫の宇田克已容疑者(34)=同=
に報告していたことが、大阪府警の調べでわかった。

長男は正座の際にひざの裏に竹刀などを挟まれるなどの暴行を受け
ており、府警は鳴った回数をもとに、両容疑者が虐待をエスカレー
トさせたとみている。

調べでは、両容疑者は今年8月20日以降、「勉強をしなかったり
居眠りをしたりした罰」などと称し、長男を脚立に正座させたとさ
れる。
その際、長男の両手足に鈴を取り付け、宇田容疑者が仕事などで外
出した際は、北容疑者が長男を自宅で監視。鈴が鳴った回数をメモ
し、宇田容疑者が帰宅すると、報告していたという。

報告を受けた宇田容疑者は、「姿勢を崩した」などといって長男の
ひざ裏に竹刀や金属バットを挟んだり、長男の足を踏みつけたりし
たという。
さらに小学生の長女(10)に、正座した長男のひざの上に乗るよ
う指示。長女は府警に「(宇田容疑者が)怖くて、自分も暴力を受
けたくなかったので乗った」と話したという。

また、長男は食事をご飯とみそ汁に制限されており、府警に「妹に
しか食事を作ってもらえなかった」と証言。
宇田容疑者は長男が夕食の残りなどをつまみ食いをしたのを知ると、
8月27日以降、外出時に長男の首を鎖で首輪をし、仏間の柱に南
京錠で固定したという。




9歳男児を虐待容疑 母親の内縁の夫を逮捕 三重
2006年11月27日19時43分asahi.com
 同居中の小学3年生の男児(9)を犬小屋の上の棚に寝泊まりさせ、
暴行を加えてけがをさせたとして、三重県警熊野署は27日、三重県
熊野市木本町、会社員松井勇二容疑者(45)を傷害の疑いで逮捕た。「子どもがうそをついたり言うことを聞かなかったりしたため、しつ
けのつもりだった。やりすぎてしまった」と容疑を認めているという。
9歳男児は犬小屋の上で寝泊まりさせられていた=三重県熊野市木本
町で調べでは、松井容疑者は10月15日、男児の側頭部をまな板で
殴ったほか、11月13日には後頭部をボールペンの先で引っかくな
どの暴行を加え、いずれも2週間のけがをさせた疑い。男児が通って
いた小学校の校長が10月下旬、家庭訪問をした際に、男児が頭部に
包帯を巻き、顔にもあざがあったことから紀州児童相談所に相談し、
同相談所が今月22日、同署に被害届を出していた。

 同署によると、松井容疑者と男児の実母(33)は内縁関係で、松
井容疑者の長女らと4人暮らしだったという。同署などが松井容疑者
の自宅を調べたところ、玄関横の軒下を改造して作った棚(高さ約1
メートル)の上に子ども用の布団を敷き、男児を10月中旬から、
「基地」と称して寝泊まりさせていたらしい。男児は「家の中は居づ
らい」と遊びに来た友だちを寝泊まりしている場所に招き入れること
もあったという。

 棚の下には犬小屋が置かれ、紀州犬など犬3匹が飼われていた。ま
た、男児は家の中で食事は与えられていたが、「トイレをいつも汚す」
という理由から、恒常的に自宅のトイレを使うことを禁じられており、
近くの駅の公衆トイレを使っていたという。近所の人が駅に向かう男
児に聞くと「家でさせてくれないから」と答えたという。自宅からは
男児の大泣きする声が、頻繁に聞こえてきたという。

 同署によると、実母は松井容疑者の行動が怖くて注意できなかった
らしい。

NEWS ニュース 病める日本 教育改革 こどもへの方策 子供 親 虐待 暴力 トラウマ 心理学 CYBER CAT
スポンサーサイト

テーマ:朝日新聞 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

CYBER CAT

Author:CYBER CAT
★NEWS★CYBER★CATへようこそ!

「ある人物を評価するに際して最も簡単で確実な方法は、
その人物がどのような人々とつきあっているかを見ることである。
なぜなら親しくつきあっている人々に影響されないですむ人など、ほとんど皆無といってよいからである。」by Machiavelli


Powered by SHINOBI.JP




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。